クレジットカード現金化をするのは何のため?

クレジットカード現金化は何のためにするのか?お金が必要になる理由は人によって様々あると思いますが、現金を手に入れる方法や手段は色々と考えられます。

古くから存在する手法にクレジットカードの現金化があり、多くの利用者がピンチを救われています。

利用者の視点で見た場合、クレジットカードを現金化する目的はいくつかに絞られてきます。

この回では何のためにクレジットカード現金化をするのかについて考えてみましょう。

%chiiki_donyu%

手元に現金を用意するため

手元に現金を用意するため
当然と言えば当然ですが、クレジットカードを現金化する大きな目的は「現金調達」です。

そして厳密にはお金というよりも現金、いわゆる「現ナマ」が必要な時に利用されます。

ショッピングがしたい時にも現金があればもちろん使用できますが、買い物であればショッピング枠が残っていればそのまま使う方がお得です。

現金化は手に持つことができる物理的な紙幣や硬貨を調達することになり、ここに理由を見出すことができます。

例えば友人の結婚式のご祝儀を包むとき、ショッピング枠では対応ができません。

現金が無いと相手に手渡すことができませんよね。

また家賃の支払いはどうでしょう。

最近はカード払いに対応する管理業者を利用する大家さんも増えましたが、カード対応でない時には家賃の引き落とし口座にお金がないと滞納となってしまいます。

大家さんや管理業者の担当者に手渡しで家賃を払うにしても、相手の口座に振り込むとしても、現金がないと対応できません。

他にも現金の使用を求められるシーンは多くあります。

カード払いに対応していない地元のスーパーや個人病院、公共交通機関の支払い、行政機関での証明書の発行手数料の支払い、契約書などに貼付する印紙の購入、子供が通う学校の部活動費や給食費の支払いetc

いずれにしても、自分で手に取ることができる物理的な「現金」を用意しなければならない理由があれば、クレジットカード現金化をする目的になります。

信用情報に影響が出ないようにするため

信用情報に影響が出ないようにするため
借り入れや融資を検討できるのであれば、こちらの方が金銭的には損が少ないでしょう。

ショッピング枠の現金化には必ずロスが生じますから、借り入れの金利と比べると損失の幅は大きくなります。

それでも借り入れをすると信用情報に借り入れ履歴が残り、金融機関各社に知られることになります。

また結婚や会社役員の職に就く際などに、「借金が無いことを証明してほしい」と要求されることもあります。

信用情報機関に対する情報開示請求は基本的に本人でなければできませんが、本人が請求して開示された情報を確認させてほしいと要求された場合、断ると結婚や就職が破断になる可能性があるので、相手を納得させるには自分の信用情報を見せるしかありません。

信用をクリーンに保っていたい何らかの理由があれば、できるだけ借り入れは控える必要があります。

またすでに借り入れ限度額が一杯で、借りたくても借りられないという人もいるでしょう。

自分の信用情報に影響を出したくない人や、すでに信用が無く新規の借り入れができない人にとっては、残されたショッピング枠を使った現金化を考える理由になります。

担保や保証人なしで資金調達を可能にするため

担保や保証人なしで資金調達を可能にするため
個人がクレジットカードの新規発行をする際は通常保証人や担保の提供は必要ありません。

しかし資金調達のためにカードローンや銀行などからの借り入れが必要になると、保証人を立てることを求められたり、担保の提供を条件にされることがあります。

保証人を用意することはかなりハードルが高いですし、担保は通常不動産を求められるので、自宅などを保有している人でなければ借り入れができないということになります。

クレジットカードの現金化は保証人や担保の提供を求められることは無いので、誰にも迷惑をかけず、担保も無しで資金調達をすることができます。

即日で現金調達するため

一般的な借り入れでは金融機関で審査が必要ですから、一定の期間を要します。

「明日まで待つことができない」という事情を抱えている場合は待っていられないので、即日現金調達ができる方法を考えなければいけません。

クレジットカード現金化は即日対応が可能なことが多いので、迅速性を求める利用者に用いられます。

各種証明書の用意を避けるため

金融機関からの借り入れの場合、審査のために収支の状況を伝える必要があり、収入証明等の各種資料を用意しなければいけません。

また後払い・ツケ払い現金化や領収書ファクタリングなど他の現金化サービスは在籍確認が必要だったり、二か月分の給与明細、セルフィーなどの多くの個人情報を提供しなければいけません。

会社に荷電される在籍確認は手間の面だけでなく心理的にも負担がありますし、少額の現金化で多くの資料を準備しなければならないのは手間感が強くなります。

クレジットカードの現金化は身分証明書と保有しているカード、後は振り込み用の口座情報があれば取引ができるので、各種証明書を準備する負担を避けたい場合も優位性があります。

悪質業者の二次被害に合わないため

銀行からの借り入れであれば問題ないと思いますが、クレジットカード以外の各種現金化サービスは悪質な業者がかなり多いことが指摘されています。

悪質業者は入手した顧客の個人情報を横流しすることもあるので二次被害が心配です。

クレジットカード現金化業者も全てが信用できるというわけではありませんが、市場が成熟していることから信頼を勝ち取っている優良業者が多く活躍しています。

悪質業者にあたってしまうリスクを避けて安全な現金調達をするためにはクレジットカード現金化が第一目標になります。

まとめ

この回では何のためにクレジットカード現金化をするのか、利用者の目的になるものを見てきました。

クレジットカード現金化の利点は色々ありますが、安全に現金調達をするためというのはどのケースにも当てはまるでしょう。

とはいってもショッピング枠の現金化はロスが生じますから、やみくもに利用すると生活を圧迫する危険もあります。

ピンチの際には大きな力になりますが、クレジットカード現金化は計画的な利用を心がけてくださいね。

現金化豆知識」カテゴリーの人気記事